PULLERの使い方

PULLER(プラー)を初めて使う時の注意点

第一印象で興味を持たせる

プラーの使い方で一番大切な事は、はじめてプラーを見た愛犬に、興味を持たせることです。おもちゃの中では比較的動きが大きく、愛犬にも見やすい派手な色で作られている為、興味を持ちやすいとは思いますが、中にはそれだからこそ怖がる子もいます。
第一印象ではイヤな印象を与えないことが最大のポイントとなります。

愛犬が興味を持って頑張っているタイミングで、積極的に声かけ(励まし)をしましょう

  • 〇興味を持ったタイミング。
  • 〇追いかけたタイミング。
  • 〇くわえたタイミング。
  • 〇くわえたまま、帰って来るタイミング。
  • 〇声かけ〔グッド!〕〔いい子!〕〔オッケー!〕〔ナイス!〕など。

初めてのプラーでやってはいけないこと

  • 〇愛犬に向かって投げないこと。
  • 〇愛犬の顔の前で振り回さないこと。
  • 〇愛犬の口に押し込まないこと。
  • 〇無理やり首にかけないこと。

その他

「使用上の注意」のページをよく読んでください。
プラーは、いろんな遊びがこれ1つで出来てしまう大変優れたおもちゃです。
プラーを使って愛犬と楽しい遊びの時間を共有することで、絆がもっと深まります。
分かり合えるパートナーとして、さらに良い関係を築きましょう。

プラーご利用について

プラーは「軽い」素材でつくられているためとても扱いやすいです。
形状が筒状の輪になっていますので“握りやすく持ちやすい”です。
女性やお子様、ご年配の方でも、安心して気軽にお楽しみいただけます。

プラーを使ってみよう!

《 正しい持ち方 》

利き手で握るように持ちましょう。

2.プラーを投げてみよう!

《 基本的な投げ方 》

①肩より上に振り上げる。

②地面に真っ直ぐに振り下ろす。

③地面に振り切るように放す。
※ “遠くに投げる”よりも“振り下ろして放す”イメージでやってみましょう。

3.プラーを転がしてみよう!

《 投げる姿勢 》

①目線は、投げる方向を見る。
②肩幅くらいに足を前後に開く。プラーを持った反対側の足を一歩前に出す。

③体の中心と投げる方向を合わせるように真っ直ぐ投げる。前に出した足のつま先が、投げる方向に向いていること。

プラーに興味を示めさない、苦手意識を感じた愛犬の場合

1. プラーに慣れさせる仕掛けをしてみましょう!
2. プラーに興味を持ちそうな仕掛けをしていきましょう!

たとえば <オヤツを使った方法>

プラーに近づくことから教える。

プラーを地面に置き、その中にオヤツを入れる。

プラーの中からオヤツが食べられればOK!

プラーを軽く投げて、愛犬と一緒に近づき、その中にオヤツを入れる。

プラーの中からオヤツが食べられればクリア!

愛犬から進んでプラーに近づくか見てみる。

プラーを軽く投げ、愛犬が先に動き出してプラーのところまで行けたらクリア!
(※このとき人は犬の後からついていく)
プラーに近づけたところで、プラーにオヤツを入れてあげる。

プラーにより興味を持たせる。

・プラーにテープなどでオヤツを張り付ける。
・短い距離を軽く転がして、愛犬に追いかけさせる。
オヤツが欲しくて、プラーを噛んだり、執着したりしたらクリア!
(プラーに執着したときには、声かけて一緒に褒めてあげる)

追いかけたり、くわえたり、をし始めたらOK!

慣れるようにくり返し遊ぶ。

たとえば <人が動いてひきつける方法>

地面の上を引きずるように、ゆっくりと左右に動かす。

目で追ってくることや、集中して見ることができたらOK!

地面に擦らせて、少し音を出してみる。

音を聞いて、反応して見てきたらOK!

プラーを愛犬が見たら、ゆっくりと地面から高さを上げて動かす。

ゆっくり動かしたり、早く動かしたりして誘いにのりはじめたらOK!

プラーを愛犬の向いている方向(正面方向)に、軽く転がす。

プラーの転がる様子を見たり、追いかけていけたらOK!

プラーを愛犬の向いている方向(正面方向)に、目線より高めに投げてみる。

プラーが飛ぶ様子を見たり、追いかけていけたらOK!

プラーを転がしたら、一緒に追いかけてみる。

一緒に追いかけて行って、愛犬が先にくわえたらOK!

たとえば <紐を使った方法>

紐の端を持って、地面の上を左右にゆっくりと動かす。

追いかけだしたらOK!

紐の端を持って、愛犬から離れるように動いてみる。

追いかけて、プラーを捕まえたらOK!

愛犬から届くか、届かないかの距離にプラーを置き、何度か回数を分けて引いて、プラーの動きを見せる。

小刻みに動くプラーを追いかけだしたらOK!

追いかけてきて、プラーくわえたら、紐を引っ張って、引っ張りっこをする。

愛犬の方がプラーを引っ張りはじめたら、勝たせて自信をつける。

追いかけたり、くわえたりを始めたらOK!

慣れるようにくり返し遊ぶ。