わたしはプラーを推薦します

プラー世界公認トレーナー
吉田圭佑先生が語る『プラーの優位性』

吉田 圭佑 先生

プロフィール

「PULLER(プラー)」世界公認トレーナー

「犬の家庭教師」 『POOCH PAL』代表

東京都福祉保健局 東京都動物愛護推進員

NPO法人日本救助犬協会会員

一般社団法人 働く犬ネットワーク常務理事

愛犬の肉体と精神をバランスよくトレーニング

“体を動かすこと”(=肉体的疲労)と“頭を使うこと”(=精神的疲労)の両方をバランスよくトレーニングすることができます。

視覚的メリット

犬たちの目は、人の目と違い、色彩感覚や視力が劣ると言われています。ですが、犬たちは、青色と黄色の2色は他の色に比べ見やすいと言われています。紫のプラーは、青色系ですから犬たちの目でも見つけやすい色でできています。

2つがセットになっている

2つを1セットにして使うため、“ラン&レトリーブ”“引っ張り”“ジャンプ&キャッチ”3つの動きを組み合わせて、連続的に遊ぶことが出来るので“集中力が長続き”します。

特異な形状

形がドーナッツ状のため、縦によく転がります。ボールなどよりもモノが転がる様子を長い時間集中して狙えるため見失いにくく、追いかける遊びにピッタリです!!
また、ボールなどだと追いかけて、取るときに足でブレーキをかけて取りに行きますが、プラーは、転がっても地面から高さがあるため、実に取りやすいですね。

その他

大きい犬でも、小さい犬でも、“一緒に遊ぶ習慣”をプラーは提案します。


みなさん、日本に上陸したばかりのプラーは、いろんな遊びがこれ1つで出来てしまう大変優れたオモチャです。
犬たちは、人よりも優れた運動能力を持っています。日々のお散歩だけでは、犬たちの運動欲を満たすには十分ではありません。
プラーを使って肉体と精神の両方をバランスよく働かせることで、運動欲を十分に満たすことができます。運動欲を満たされた愛犬は、問題的行動を起こしにくく、パートナーとしての良い関係をつくることにつながります。
プラーは、人と犬が一緒に『遊びのコミュニケーション』を学べるトレーニング・グッズです。「遊び」は、愛犬とあなたの絆を深める大切な「コミュニケーション」の1つになります。
プラーを使って、愛犬もあなたも一緒に楽しめるドッグ・ライフにしていきましょう。
プラーに是非挑戦してみてください!!

プラーを使ってみて

西場 和美

プロフィール

PULLER公認インストラクター
認定ペットシッター
認定パピーティーチャー
NPO法人 日本救助犬協会会員
一般社団法人 働く犬ネットワーク常務理事
東京都動物愛護推進員

商品の感想

初めてプラーを触ったとき感じたのはとても軽いということです。
女性でもお子さんでも簡単に投げることができます。
実際にプラーを転がしてみると、縦にきれいに転がり、持続性が長いのに驚きました。
縦にうまく転がるものは見たことがなかったのでほんとにびっくりでした!
長い時間転がってくれるので、初心のわんちゃんでも興味が長く続きました。
2個組なので交換してまた次に遊びが続き、気持ちを切らさずにできることも良いですね。
そして、何より引っ張りっこが安全に楽しくできます。
輪っか状なので、わんちゃんが誤って、こちらの手を噛むことがほとんどありません。引っ張りっこができるとますます盛り上がりますよ!

トレーニングの感想

初めて、一緒にトレーニングをした子はドーベルマンの2歳の女の子でした。
最初見せたとき、ちょっとびっくりして、近づきませんでした。
無理に近づけたりせず、ちょっと下に置いてみたり、軽く転がしてみたりしました。
興味を示し始めても、すぐには自分から追いかけたりはしませんでした。
私自身がプラーを追いかけて、走り出すと、その子も一緒に走り出しました。
そして、はじめは私が先にプラーを取って、大げさに喜んだりしていくうちにその子が先に走り始め、プラーをゲットしました。
最初からうまくトレーニングできると思っていても、なかなかイメージどおりにはいかないと思います。
人間だって、初めてみたものは「なんだろう・・?」と警戒したりもしますよね。
だから、最初からイメージ通りにいかなくて当たり前です。
自分の子に合ったやりかたを探せることが、その子との絆をより深めることになります。トレーニングが進めば、愛犬との呼吸がますます合ってきます。
きっと、楽しいトレーニングができると思います!「楽しい!」と感じることが、一番大切です。

愛犬一番のお気に入りおもちゃ『PULLER』

原 弘恵

プロフィール

PULLER認定サポーター
ドッグトレーナー / ペットシッター士 / ホリスティックケア・カウンセラー

商品の感想

数年前のイベントでプラーと出会い、すぐに興味を持ちました。
愛犬はトイプードルなので、小型犬で体は小さいですが運動量は多く活発な犬種です。なので、硬く重いオモチャでは体に負担がかり、また柔らかく軽いオモチャだと思いっきり『引っ張りっこ』や『もってこい』遊びが上手に出来ずに、すぐに遊ぶ事に飽きてしまいます。なので、オモチャ選びに困っていました。

そこでプラーと出会い、すぐに愛犬と遊んでみると探していた理想的なオモチャでした。水に浮くほど軽い素材で、小型犬でも楽に運ぶ事が出来ます。また、柔らかく噛みやすい素材、形状で思いっきり引っ張り合いをしてもちぎれる事もなく、思いっきり『引っ張りっこ』遊びが出来ました。そして、愛犬の1頭はシニア期になり他のオモチャに興味がなくなってきましたが、プラーだと楽しそうに『もってこい』遊びをしてくれます。噛む力の弱くなったシニア犬にも負担のない素材と、犬の目に認識しやすい色で興味をそそられるのだと思います。

認定サポーターとして、代理店を務めさせて頂いてからはたくさんのお客様やトレーニングの生徒さんにもご紹介させて頂き、とても好評を頂いています。もちろん、我が家の愛犬達も1番お気に入りのオモチャです。

はじめて『PULLER』をみて一目ぼれ!

加藤 ゆかり HeartyDogs

プロフィール

PULLER認定サポーター
ナチュラルドッグケアセラピスト
JPMA
JMAACVJHDSAPYIAJAPAS東北事務局
IAALP認定プレイズタッチ・インストラクター
バッチ財団登録プラクティショナー
専門学校講師 他

「人と犬の心のケア」を中心に犬とのよりよい関係作りをサポート。プレイズタッチやドッグマッサージ、メディカルアロマを始めとしたホリスティックケアを、セミナーやイベントなどで広く啓蒙している。

商品の感想

初めてPULLERを見てヒトメボレ!

現在のパートナーが生後4カ月から使っていますが、すぐに気に入り、レトリーブもその場で出来るようになりました。
PULLERで出来たことはディスクや他のおもちゃでも出来るようになるのでトレーニングがとても楽です(笑)

歯や体に負担が少ないので成長期のパピーや無理な運動を避けたいシニアにもおススメなのは魅力ですね。

何よりお互いに楽しめるので信頼関係も深まるようです。
「PULLER!」というと目をキラキラさせてくれるのは嬉しい限りです。


『DOG PULLER』をなめてましたね!
 ~ディスクドッグ界のレジェンドが語る~

柏 正雄
水戸フライング☆ドッグ☆クラブ代表

プロフィール

日本を代表するディスクドッグ選手&指導者

[柏&銀次ペア]
'07~08/AWI世界大会日本代表ディスタンス部門優勝
・フリーフライト総合6位入賞、
'08~09/AWI JAPANランキング5位
'09~10/AWI JAPANランキング2位

DOG PULLERを体験して

PULLERのスポーツ競技である『DOG PULLER』を、先日私のクラブのフィールドで開催してもらいました。
当然、私もプレイヤーとして出場させて頂きました。

初めてやってみて、レトリーブ舐めたらあかんでぇ~。てなことになりました。
ボール、やディスクのレトリーブとは違ったルール(双方向)ですので、普通のレトリーブが出来る犬でも、勝手が違いまごついていました。
本当に楽しい競技でした。

やはりドッグスポーツの原点は、レトリーブにあり!
そんなことを実感したスポーツでした。
シンプルであるが故に、また奥が深い、、、そんなスポーツでしたね。

間違いなく、飼い主さんの方がハマってしまうと思いますよ。
私のクラブのメンバーにも、今後どんどん紹介していこうと思っています。

小林 いぶき(静岡市)
愛犬:ピョルちゃん(ボーダーコリー)

プラーユーザの声

プラーをはじめて知った時、3つの遊びが1つで出来るオモチャなんてすごい!!水にも浮くし面白そう!!と思ったのが第一印象でした!

プラーは、運動が短時間でできることが何よりもうれしいですね。
また、いろんな遊び方ができて単調にならないことも満足です。
その時々の気分で遊びを切り替えられるので、私もピョルも飽きずに遊べます。
はじめてオモチャ遊びをする人も扱いやすいと思いました。

ピョルとオモチャで遊ぶときには、第一印象で犬が興味を持つかが心配ですが、プラーにはすぐに興味を示しましたね。

最初、大きいプラーを進められましたが、なんとなく大き過ぎるかなと思って、小さなプラーを買ってしまいました。
言われた通り、引っ張りっこで切れてしまいました。
ボーダーコリーですから、引っ張る力が強いから大きなサイズでないとダメでした。
でも、壊れても川で十分遊べるし、浮くし、投げれば取りに行って持ってくるし、壊れても使い道ありです。(笑)

Dear・Children 株式会社 〒161-0031 東京都新宿区西落合4-9-12 Uフラッツ1階 TEL 03-6908-3170/Fax 03-6700-6625
Copyright (C) 2015 Dear・Children Corporation. All Rights Reserved.